カレーなどの刺激物について

カレーなどの香辛料は、食欲を増進するので、適度に取る分には問題はありません。ただし、胃が弱っている場合には胃に負担をかけますので、あまり良くはありません。

妊娠で、痔を病んでいる場合は、特に香辛料などの刺激物は痔を悪化させますので、取らないようにした方がいいでしょう。

コーヒーは大丈夫?

コーヒー中のカフェインは胎児に影響を及ぼす恐れがあります。どうしてもコーヒーが飲みたい場合は、1日一杯程度にしましょう。

砂糖を入れすぎると糖分の取りすぎになるので、気をつけましょう。

喫煙について

妊娠中の喫煙は、流産・早産を引き起こす原因になるという事が言われており、生まれた赤ちゃんが低体重児になる確立が高いとも言われています。妊娠が分かったら喫煙はやめましょう。

また、家族や職場で他人が吸ったたばこの煙を吸うということは、本人が喫煙することよりまだ悪いと言われているので、家族にお願いしてたばこを目の前で吸わないようにお願いをしましょう。

アルコールについて

アルコールは胎盤を通って、胎児に吸収されます。お母さんがお酒を飲めば、胎児も酔っ払うということなので、妊娠初期はアルコールは飲まないほうがいいでしょう。

中期以降は、初期ほどは影響は少なくなりますが、それでも妊娠中はお酒は避けた方が無難です。

良く読まれている記事トップ10(過去7日間)

中絶手術とは

中絶手術費用

中絶手術と麻酔

中絶費用分割ローン

中絶費用を払えない方

中絶手術の安全性

中絶手術後

中絶手術が可能な病院

女性の体の悩み

妊娠

避妊

当サイトに病院情報の掲載を希望される方は「お申し込みフォーム」に必要事項を記入の上お申し込みください。