基礎体温から分かる妊娠

基礎体温は、黄体ホルモンが分泌されているかどうかで、低温相と高温相に分かれています。

月経のはじまりから、排卵までを低温相。排卵があり黄体ができて黄体ホルモンを出し始めると高温相になります。

妊娠がなければ、二週間で黄体は衰え黄体ホルモンは出なくなるので、低音相に戻ります。逆に妊娠をした場合は黄体はそのまま残り、黄体ホルモンが出続けるので高温相が続きます。二週間以上、高温が続くようであれば、妊娠の確立は非常に高くなります。さらに三週間以上続けば、ほぼ妊娠していると考えてもいいでしょう。

基礎体温でも妊娠は判断できますが、妊娠かどうかを調べるためには妊娠検査薬を使う方が確実です。

良く読まれている記事トップ10(過去7日間)

中絶手術とは

中絶手術費用

中絶手術と麻酔

中絶費用分割ローン

中絶費用を払えない方

中絶手術の安全性

中絶手術後

中絶手術が可能な病院

女性の体の悩み

妊娠

避妊

当サイトに病院情報の掲載を希望される方は「お申し込みフォーム」に必要事項を記入の上お申し込みください。