切迫流産

切迫流産とは妊娠22週未満に流産しそうになる状態の事をさします。なんらかの原因で子宮収縮が起き、胎盤の一部が子宮壁からはがれてしまう為に出血をともないます。

切迫流産の主な症状として、おなかの痛みと出血がありますが、片方だけの場合もあります。赤ちゃんの心拍が確認できれば、安静や治療によって妊娠の継続が可能になることがほとんどです。

胞状奇胎

胞状奇胎も異常妊娠の一種になります。妊娠初期から出血がはじまります。

この病気は胎盤をつくる絨毛が異常に増殖して、水泡状のぶどうのようなつぶになって子宮の中に充満してしまいます。診断の結果、胞状奇胎と分かったら、子宮の中を掻爬して、キレイにしなければなりません。少しでも残ると絨毛ガンが起きる事もあるからです。

子宮外妊娠

正常な妊娠は受精卵が子宮内膜に着床します。ところが、受精卵が卵管や卵巣、子宮頚管などの子宮内膜以外に着床してしまった場合は子宮外妊娠とといいます。

最も多いのは卵管に着床する場合で、このケースだと赤ちゃんが育つスペースがない為、流産になります。卵管が破裂してしまうこともありますので、医師の診断で確かめましょう。

流産

出血の症状が見られた場合、流産の場合が考えれます。流産とは、ママのおなかの外で育つことのできない妊娠22週未満で、妊娠が中断してしまう状態の事を指します。

赤ちゃんや、胎盤、絨毛などが母体の外に出てくるため、大量の出血や血のかたまりが出てきます。この場合は進行流産が考えれます。

子宮内に赤ちゃんがとどまっている場合は、稽留流産と呼ばれ、出血や痛みはあまりありません。

尿検査や血液検査、超音波検査などで流産が確定した場合は子宮内の組織を取り除く処置を施します。

妊娠初期の出血

妊娠した事によって起こる出血は赤ちゃんに重大な影響を及ぼすモノもあれば、心配のないモノまであります。出血した場合には少量でも、自分で判断せず医師に相談しましょう。

おりものに血液が混じる場合もあり、その場合は、色が薄く気づきづらいこともありますので、よく観察してください。

一番心配なのは、流産の兆候です。出血があったら、まずは安静にしてください。できるだけ動き回らないようにして、かかりつけの産婦人科に連絡をとって、受診するようにしてください。

夜中や休日の場合は、まず様子を見て、出血がほんの少量で、血液が茶色く変色している場合は、翌日の診療でも間に合うでしょう。

生理の多い日くらいの出血や、血のかたまりが出た場合は、診療時間外でも急いでかかりつけの産婦人科もしくは休日・夜間診療センターに行く必要があります。

良く読まれている記事トップ10(過去7日間)

中絶手術とは

中絶手術費用

中絶手術と麻酔

中絶費用分割ローン

中絶費用を払えない方

中絶手術の安全性

中絶手術後

中絶手術が可能な病院

女性の体の悩み

妊娠

避妊

当サイトに病院情報の掲載を希望される方は「お申し込みフォーム」に必要事項を記入の上お申し込みください。