異常な妊娠について

受精卵は普通、子宮腔の上部に着床します。しかし、子宮腔以外の場所に着床する事があります。これが子宮外妊娠と呼ばれます。

子宮頸部や腹腔内の事もありますが、卵管に着床するケースが多くあります。しかし、子宮腔以外の場所では受精卵が成長する事ができないため、流産をしてしまいます。

卵管の中で大きくなってきた場合、卵管破裂を起こす危険性もあります。

受精卵が着床する場所には、胎盤ができますが、この場所が子宮腔の下のほうだと、子宮口を塞いでしまう場合があります。これは前置胎盤といって、これも異常なケースです。前置胎盤は、全分娩の1/100~1/500程度の発生頻度だと言われます。出産の経験が多い妊婦は発生する確率が高くなると言われています。

異常妊娠の一覧:侵入奇胎、着床出血、稽留流産、子宮外妊娠、前置胎盤、常位胎盤早期剥離、切迫流産、絨毛がん、胞状奇胎

良く読まれている記事トップ10(過去7日間)

中絶手術とは

中絶手術費用

中絶手術と麻酔

中絶費用分割ローン

中絶費用を払えない方

中絶手術の安全性

中絶手術後

中絶手術が可能な病院

女性の体の悩み

妊娠

避妊

当サイトに病院情報の掲載を希望される方は「お申し込みフォーム」に必要事項を記入の上お申し込みください。