妊娠検査薬

妊娠を調べる時に、判断する基準は「生理が遅れている」かどうかだと思います。他にも「妊娠検査薬」を利用する方法もございます。 そもそも「妊娠検査薬」とは、どういうモノなのでしょうか?

「妊娠検査薬」とは、尿をかけるだけで妊娠しているかどうかを判定する検査薬の事です。妊娠をすると、濃度が高くなるhCGというホルモンを利用する事によって、妊娠しているかどうかを知る方法です。 「妊娠検査薬」は、薬局で購入する事が可能です。

生理予定日の1週間後から検査が可能になります。判定が陽性で有れば妊娠をしている可能性があります。 しかし、生理予定日の思い違いや生理周期の変動などによって妊娠検査日が早すぎた場合は、妊娠していた場合でも尿中のhCGホルモンが十分に検出されず、妊娠検査薬が反応しない可能性もありますのでご注意ください。

妊娠している場合は日ごとにhCGホルモンの濃度が高くなっていきますので、数日後に妊娠検査薬で再検査を行うか婦人科で診察を受けると確実です。

良く読まれている記事トップ10(過去7日間)

中絶手術とは

中絶手術費用

中絶手術と麻酔

中絶費用分割ローン

中絶費用を払えない方

中絶手術の安全性

中絶手術後

中絶手術が可能な病院

女性の体の悩み

妊娠

避妊

当サイトに病院情報の掲載を希望される方は「お申し込みフォーム」に必要事項を記入の上お申し込みください。