中絶手術の方法

中絶手術は妊娠の週数によって大きく2通りの方法があります。

初期中絶手術

妊娠5週目から11・12週目(個体差や医師の判断で異なる場合が御座います)位までが、「初期中絶手術」になります。

手術の流れは、手術の前日に子宮口に「ラミナリア」という海藻で出来た棒状のモノを挿入します。この「ラミナリア」は少しづつ水分を吸っていき膨張していきます。
前日に、この処置をしない場合もあります。

手術当日は手術着に着替えた後、分娩台のような台に横たわり手術を行ないます。
麻酔は「全身麻酔」「下半身麻酔」と様々です。打ち方も「注射で打つ場合」と「点滴の場合」があります。

初期中絶手術の方法は2つの方法があります。「掻爬法(そうはほう)」と「吸引法(きゅういんほう)」です。
「掻爬法」は、スプーンの様な器具で子宮から胎児を掻き出す方法で、子宮に傷をつけてしまうことが少なからずあり、不妊症や様々な病気を誘発する可能性も無くはないです。
「吸引法」は、子宮の中を強力な吸引器で吸い出す方法で、安全性では掻爬法より上となりますが、妊娠週によっては行えない場合もございます。

中絶手術自体は5~20分くらいで終わります。術後は麻酔が切れた後に、そのまま帰宅する事が可能です。
その際に薬の飲み方などの説明を受けて、その日は終了です。後日再診を受け、そこで問題が無ければ中絶手術は全て終了となります。

中期中絶手術

11,12週目から21週目までが「中期中絶」と呼ばれ「初期中絶」とは別の方法で手術を行います。

胎児の状態にもよりますが、この頃になると子宮を広げるだけでは胎児が取り出せないほど大きい為、人工的に「陣痛」を起こし「出産」させる事になります。
ラミナリアを数本挿入し、子宮口を無理に広げる方法、陣痛促進剤を使う方法など、病院によって様々な手術方法がとられます。このころになると、手術による母体への影響がとても大きくなります。
術後は安静が必要になりますので、病院に入院をします。

中絶手術後は、出産をした時と同じように母乳が出ます。母乳を止める薬も病院によっては処方してもらえます。薬を使う場合でも、あまり刺激を与えたり暖めたりせず、冷やす事がいいらしいです。

その後は、病院から死亡届をもらい、役所に提出します。火葬し終了となります。

中絶費用も30万程度かかりますし、出来る病院も限られてきますので、できるだけ11週目までに決断するのがいいでしょう。

良く読まれている記事トップ10(過去7日間)

中絶手術とは

中絶手術費用

中絶手術と麻酔

中絶費用分割ローン

中絶費用を払えない方

中絶手術の安全性

中絶手術後

中絶手術が可能な病院

女性の体の悩み

妊娠

避妊

当サイトに病院情報の掲載を希望される方は「お申し込みフォーム」に必要事項を記入の上お申し込みください。