避妊の難しさ

セックスという行為は、誰でも少なからず舞い上がってしまう事でしょう。そのような状況の中、手違い・勘違いによるミスや、手を抜きたくなったりする事もある事でしょう。
ですが、望まない妊娠から自分を守ろうとお考えなら、パートナーの方の協力も必要不可欠だと言えます。

正しい知識を身につけて、常に正確に避妊を出来るよう気を付けて下さい。

セックスをしない

セックスをしなければ精子が女性の腟内に入る事はありません。当然ながら、100%妊娠をする事はありません。
ですが、そもそも避妊と言える行為かどうかは微妙といえるでしょう。

IUD

IUDは子宮内に装着し、受精卵が子宮内膜に着床するのをジャマをします。装着が大変で有りますが(産婦人科の医師に装着してもらう必要がある)妊娠の可能性はほとんどありません。

値段は、産婦人科の処置料として15000円~30000円と高いですが、一度装着すれば約2年は手間がかからないので、コストパフォーマンスはイイです。
デメリットとしては、月経が重くなる・不正出血・腹痛・子宮外妊娠や感染の危険もあります。また、出産経験がないと使いにくいので若い女性は特に難しいと言えます。

基礎体温法

基礎体温の変化から排卵日を推定し、危険日はセックスをしないか他の避妊法を使うという方法になります。婦人体温計は薬局で売っていますので、手に入れやすいです。

体温の計り忘れ・計り間違い・カン違いをしていまうと、上手く避妊ができません。避妊の他にも、毎日計る必要がある為、健康管理にも役立ちますので避妊目的以外にも役に立つのが特徴です。

ピル

ピルとは、女性ホルモンの入った薬を飲む事で、排卵を止める薬です。医師に相談し、処方をしてもらう必要があるので手に入れるまで手間はかかります。ですが、効果は絶大でほとんど失敗はありません。

ピルはコンドームなどと違い、女性側が避妊の主導権を握れますので望まない妊娠を回避し易いと言えます。ピルの効果は絶大ですが、毎日飲まないと効果がありません。また、一時的な吐き気や不正出血、体質や年齢、持病によっては使えないなどがあります。

殺精子剤

あまり耳にする機会が少ないモノですが、殺精子剤とは精子を殺す薬を子宮口の近くに入れる事で避妊の効果を得ます。

正しく使用するには、タイミングが難しいので他の避妊法と併用して行うのが望ましいです。また、効果とは別ですが舐めるとニガいです。性器のカユミやおりものが増える方もいますので、使用する際はご注意ください。

ペッサリー

子宮口にフタをつくり、精子が子宮口に入るのを防ぎます。潤滑ゼリーを両面に塗り装着します。

使用する際は「受胎調節実地指導員の指導を受ける」必要があります。ペッサリーは正しく使えれば失敗は少ないです。
ピルと同様、女性が主導権を握れますので確実な避妊をしたい方には是非使用して頂きたいです。

コンドーム

もっともメジャーな避妊器具だと思います。男性の勃起したペニスに装着して精子をとじこめ、女性の膣内に入らないようにします。
女性用のコンドームもあります。腟の内側に“袋”を装着する事で粘膜をすっぽり覆う事が出来ます。これより精子を腟内に入らないようにします。

避妊で多く利用されますので、失敗例も多くあります。ですが、正しく使えれば、ほぼ失敗する事はございません。
簡単に手に入りますし、避妊の他にも性感染症予防に役立のが特徴です。

デメリットとしては、男性側の協力が必要不可欠だという事です。女性用のコンドームは、使い慣れるまでにちょっと時間がかかる事です。

良く読まれている記事トップ10(過去7日間)

中絶手術とは

中絶手術費用

中絶手術と麻酔

中絶費用分割ローン

中絶費用を払えない方

中絶手術の安全性

中絶手術後

中絶手術が可能な病院

女性の体の悩み

妊娠

避妊

当サイトに病院情報の掲載を希望される方は「お申し込みフォーム」に必要事項を記入の上お申し込みください。