避妊とは?

そもそも、正しい避妊方法を知っている方はどれだけいらっしゃるのでしょうか?正しい方法・避妊具の使い方・医薬品や手術など、避妊には様々な手段が存在します。

受精もしくは受精卵の着床を妨げて、起こりうる妊娠・望まぬ妊娠を避ける事が目的になります。

避妊方法の種類

避妊方法は様々です。代表的な避妊法をご紹介します。
○コンドーム
○ピル
○ペッサリー
○殺精子剤
○IUD
○オギノ式・基礎体温法
○避妊手術
○膣外射精
○モーニングアフターピル

性病について

残念だがら、避妊方法の多くは性病の予防には繋がらないのが事実です。実際、性病に予防があると考えられるのはコンドームくらいだと言えます。

しかし、コンドームは完璧といえる程に避妊成功率は高くありません。むしろ、ほかの避妊法に比べ危険性が高いと言えます。
コンドームが最も推奨されている理由としては、「避妊」という目的以外に、「性病予防」が重視されているからです。性病の主な感染経路は、精液や血液だからです。

セックスで触れ合う女性の膣や男性のペニスは、手や足のように強い皮膚で覆われておらず、特に女性の膣内などは傷つきやすくなっています。
セックスを行うと、女性の膣内で性器が擦れ目に見えないような小さな傷が無数に出来ます。その結果、傷口から相手の血液が入り性病が感染してしまうのです。

そのため、避妊方法の中でも性器を完全に覆ってしまうコンドーム以外には性感染症を防ぐ機能があると言えず、セックスに関する「危険性」を防止するための策としてコンドームが推奨されています。

避妊にかかる費用

避妊を行うのにかかる費用は、それぞれどの程度なのでしょうか?

避妊具・方法 価格
男性用コンドーム 一回50円~150円
女性用コンドーム 一回200円~270円
ピル 一月2,500円(薬代のみ)
ペッサリー 病院での指導料込みで10,000円。本体価格は、1000円以下で購入できます。
殺精子剤 一回30円~70円
IUD 40,000円~60,000円
オギノ式・基礎体温法 無料
パイプカット 50,000円~
卵管結紮 20,000円~150,000円
膣外射精 無料
モーニングアフターピル 3,000円~10,000円

良く読まれている記事トップ10(過去7日間)

中絶手術とは

中絶手術費用

中絶手術と麻酔

中絶費用分割ローン

中絶費用を払えない方

中絶手術の安全性

中絶手術後

中絶手術が可能な病院

女性の体の悩み

妊娠

避妊

当サイトに病院情報の掲載を希望される方は「お申し込みフォーム」に必要事項を記入の上お申し込みください。