乳がんは早期の発見、治療により「不治の病」ではなくなりました。

30歳以上になったら、少なくとも月に1度くらいのセルフチェックと年に1回は乳がん検診を受けるようにしましょう。かなりの確率で早期発見・早期治療が可能です。

乳ガンとは

乳房に出来る悪性の腫瘍で、年々増えており、婦人科がんの中で最も多いがんと言われています。

乳ガンの原因は今だ、ハッキリとしてはいませんが、「エストロゲン」が関係していると考えられています。乳ガンの発生は、20歳過ぎから歳を追うごとに増加し、40歳代後半から50歳代前半にピークを迎えます。

特に初経の時期が早く、妊娠や出産経験の無い人のリスクが高いとされています。

乳ガンの症状

乳ガンは、胸のしこりによって発見される場合がほとんどになります。乳頭部分がただれたり、血液の混じった分泌物が見られる事もあります。しこりが大きくなってくると、乳首が落ち込んだり、しこりの上がえくぼのようになったりします。

よく似た症状の病気もございますが、しこりや痛みを感じたら、早めに専門医に診てもらうようにしましょう。

乳ガンの治療

治療の基本は、しこりを取り除く手術になります。以前は、乳房やその周辺まで切り取る手術が一般的でしたが、女性にとって心理的苦痛が大きい為、現在ではよほどの事がない限り行われません。

現在の手術は、乳房を部分的に切り取ったり、しこりの部分だけを取り出す「乳房温存手術」が中心になりつつあります。また再発を防ぐ為、放射線による治療や、抗がん剤やエストロゲンの働きを弱くする薬が投与されます。

いずれも進行や症状によって治療が異なるので、専門医とよく相談して、自分にあった方法を選ぶ事が大切です。

良く読まれている記事トップ10(過去7日間)

中絶手術とは

中絶手術費用

中絶手術と麻酔

中絶費用分割ローン

中絶費用を払えない方

中絶手術の安全性

中絶手術後

中絶手術が可能な病院

女性の体の悩み

妊娠

避妊

当サイトに病院情報の掲載を希望される方は「お申し込みフォーム」に必要事項を記入の上お申し込みください。